CSVインポート 目次

概  要

CSVインポートは、各ショップのCSVファイルをitem Robotに取り込んだり、item Robot内のデータをCSVで変更したりできるメニューになります。

CSVインポート

左ナビの[商品管理>CSVインポート]をクリックし、[CSVインポート]画面を開きます。(各メニューのは下記をご覧ください。)

予約状況

1予約確認 ご利用いただいているサーバ全体のインポート状況を確認することができます。
予約状況を確認する
2インポート履歴 ご利用いただいているサーバ全体のインポート状況を確認することができます。
インポート履歴を確認する

商品マスター自動インポート

3楽天商品マスター自動インポート 楽天RMSに登録している全商品データを自動でitem Robotにインポートする機能です。
店舗様がCSVをダウンロードする必要はありません。
楽天商品マスター自動インポートを行う
4MakeShop商品マスター自動インポート MakeShopに登録している全商品データを自動でitem Robotにインポートする機能です。
店舗様がCSVをダウンロードする必要はありません。
MakeShopマスター自動インポートを行う

インポート対象

5メインデータへのインポート メインデータに商品情報・画像を登録することができます。
※楽天市場・Yahoo!ショッピング・EストアーのCSVファイルに限ります。(3店舗以外はインポートすることはできません。)
6Yahoo!プロダクトカテゴリCSVインポート Yahoo!のdata.csvをインポートすることで、item Robotに登録されている商品の商品コードを元に、 プロダクトカテゴリを各商品に紐づけできます。
Yahoo!ショッピングのプロダクトカテゴリCSVをインポートする
7ショップ別データへのCSVインポート 各ショップのCSVファイルを利用して、item Robotに登録してある商品情報に紐づけすることができます。 (インポートしたデータはショップデータに登録されます。)
※Amazonの出品レポートには対応していません。
ショップタブへCSVファイルをインポートする
8item Robot形式のCSVインポート item Robot形式のCSVファィルをインポートし、商品を登録・更新することができます。
9ショップ別選択肢情報インポート 各ショップの選択肢CSVファイルを利用して、item Robotに登録してある選択肢子番号を変更することとができます。
ショップ別選択肢情報の子番号を変更する
10価格&在庫最適化エンジンマッピングCSVインポート 商品データと価格&在庫最適化モデルのマッピングをCSVファイルを使って行うことができます。
価格&在庫最適化モデルのマッピングCSVをインポートする

最近見たページ

閲覧履歴がありません

徹底活用資料

コンテンツ
エラー一覧表
モール・カートのCSVとitem Robotの項目対応表
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報