CSVインポート:楽天市場マスター自動インポートを行う

概  要

楽天RMSに登録している全商品データを自動でitem Robotにインポートする機能です。

店舗様がダウンロードしたCSVをインポートする操作は下記をご覧ください。

楽天市場のCSVファイルをインポートする

操作方法

CSVをインポートする

インポート履歴を確認する

インポートの状況を確認することができます。

 

  • 1「商品管理>CSVインポート」をクリックします。
  • 2インポートの設定
  • 商品取り込みの条件:「販売中商品(倉庫以外)」「全商品」どちらかを選択します。
    下記の場合は「販売中商品(倉庫以外)」の設定がおススメです。
    ・倉庫の商品を含めると10万点以上になってしまう
    ・倉庫の商品は登録・更新したくない。
  • オプション情報(項目選択肢)の取り込み設定:
    「メインデータとしてインポート」(通常はこちら)
    「ショップデータとしてインポート」
    「オプション情報(項目選択肢)はインポートしない」
    から選択します。
  • 3 「楽天商品マスター自動インポート」をクリックします。
  • 商品情報と同時に画像も取り込みます。
    (R-Cabinetから既に削除されている画像は取り込めません。)
  •  
  • 1「商品管理>CSVインポート」をクリックします。
  • 2「インポート履歴」をクリックします。
    ※商品数が多い場合、インポート履歴に反映されるまでに多少時間がかかります。
  • 予約中の状態です。
  • 終了した状態です。
  • メッセージ欄には、インポート時に選択した「商品取り込みの条件」が表示されています。

最近見たページ

閲覧履歴がありません

メニュー

コンテンツ
エラー一覧表
パスワード変更
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報