050-8881-4015受付時間 平日 9:30-16:00

ネットショップ多店舗展開の本当にあった怖い話

ネットショップの多店舗展開がスタンダードである今日、
商圏を拡大し、新規顧客を獲得するために複数のモールや自社サイトをオープンするのが当たり前になっています。

しかし多店舗展開はいいことばかりではありません…

ここでは「ネットショップの多店舗展開で本当にあった怖い話」をリアルな店舗様の実体験をもとにご紹介します。

今多店舗展開している方も、これから検討する方も他の店舗様に起きた「怖い話」を参考にして今後の店舗運営にお役立てください。

トラブル多発!楽天市場を退店することに…

1人で楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonの3店舗を運営していたスマホケースを販売するネットショップに起こったお話です。

月の受注件数は数百件程度だったため、特にシステム化することなく各管理画面から普段の業務を行っていました。
しかしある日、テレビで類似商品が紹介され、予測していない量の注文が殺到!さらに運悪くGWで長期休暇中だったため、在庫の売り越しが多発…
どこで何件受注しているのかもわからないくらいパニックになり、もちろん発送も間に合いません。

その結果、楽天市場店舗でお客様からのクレームが殺到。
店舗レビューに低評価が相次ぎ、最終的に楽天市場店は強制的に退店させられることに…

発送遅延で相次ぐ低評価!追い打ちをかけるスタッフの退職

インテリアを販売する店舗様に起こったお話です。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、au PAYマーケットの4店舗で月数千件の受注件数を数人で対応していたため、とにかく忙しく発送が遅延していました。
当然店舗レビューでも「いつになったら発送されるのか?」「注文から発送まで1週間たっても全く連絡がこない」など怒りのコメントがあふれる始末。

何とか打開しようと解決策を探しても、そもそも毎日の発送に追われて改善のアクションを起こす時間もありません。

さらに諸事情によりスタッフが急に退職したことでより発送が遅延し、毎日夜遅くまで残業する日々が続きました。
また退職したスタッフが担当していた店舗の管理画面の使い方を、他のスタッフに引き継いでいなかったため、発送ミスや備考欄の見落としも多発しました。
結局その店舗を続けていくことが物理的に難しくなり、一時的に休店することに…

このように忙しすぎて改善するための時間を確保できないと、ギリギリの運用を続けていくしかない状況に追い込まれてしまいます。

本来の価格から0を一つ付け忘れ!注文殺到で謝罪の嵐

3店舗で電化製品を販売していた店舗様では、商品数が数千件と多く、どの店舗でどの商品を出品しているのか、全く把握しきれていませんでした。

商品登録は各管理画面の仕様に合わせて、1件ずつ手動で登録していたためミスをしないよう慎重に登録作業を進めていました。
そのため出品スピードが上げられず、店舗によっては商品数に大きな開きがありました。

そんなある日のこと、悲劇は起こりました…

急に1店舗で特定の商品の注文が殺到していたため確認してみたところ、本来の価格よりも0を一つ付け忘れており、市場価格よりもかなり安い値段で販売してしまっていました。
さらにSNSでもその情報が拡散されていたようです。

とにかく全注文をキャンセルし、1件ずつお客様に謝罪のご連絡をするもリソースが限られていたためすべてのお客様にご連絡できたのは2週間後でした。
当然、通常の在庫管理や受注業務も並行して対応していたため、在庫の売り越しや発送の遅延が発生。
店舗レビューの悪化に繋がり、売上も落ち込んでしまいました。

どんなに気を付けていても、人間はミスをしてしまう生き物です。
なるべく人の手を介さないように、そもそもの仕組みを変えていくことが大切です。

こんな事態になる前に、予め管理体制を整えておくことが大切です。
システム導入はその一つの手段です!

ハングリードでは店舗様の業務効率化を実現する「Robotシリーズ」を提供しています。
興味のある方はぜひ資料をご覧ください。

資料を見る

上に戻る