多店舗一元管理システム

03-5937-2020受付時間 平日 10:00~18:00

お問い合わせアイコン

Robotシリーズ多店舗一元管理システム

03-5937-2020受付時間 平日 10:00~18:00

お問い合わせ

お問い合わせ

item Robot × zaiko Robot連携で実現!

商品登録から在庫数更新までをスムーズに行う方法

商品管理システムitem Robotと在庫管理システムzaiko Robotの連携イメージ

日々のネットショップ運営お疲れ様です!

商品管理システムitem Robotは、楽天市場に出店している場合、無料でご利用頂ける
商品登録や一括編集を一元管理できるシステムです。
※item Robot自体は無料ですが、item Robotを利用する場合、別途楽天市場のCSV商品一括編集サービスへの申込が必要です。

現在お陰様で、商品管理システムitem Robotの利用者数は18,000社を突破致しました!
今後も様々な機能のリリース、改善をしていきますので、ご要望あればお気軽にお寄せください!

さて、出品が効率化され、どんどん商品数を増やしたはいいものの、
在庫数を主要なECサイトに寄せている」「最大在庫数で販売しているが在庫更新の手間が増えてしまった
ということはないでしょうか?

そんな時はitem Robotと連携できる在庫連動システム「zaiko Robot」を活用すれば、
より販売機会を増やして、効率よく多店舗展開を進めていくことができます。

ここでは
「在庫連動って聞いたことはあるけど、何ができるの?」
「item Robotとzaiko Robotを連携させたらどんなことができるの?」

という疑問をすっきり解決いたします!

1. なぜ在庫の自動更新が必要なのか

そもそも、なぜ在庫数を自動更新する必要があるのでしょうか。
たしかに面倒ではあるものの、手動でも更新できなくはないですよね?
ここではよくある課題を例に、在庫の自動更新をしていないと起こるリスクをお話しします。

店舗ごとに在庫を配分しており最大在庫数で販売していない

たとえば楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonの3店舗運営していて、在庫数が3個しかない場合、
一番主力の楽天市場に2個、Yahoo!ショッピングに0個、Amazonに1個登録するとします。

そうするとYahoo!ショッピング店では最初から在庫がないため、他の店舗に在庫があるにも関わらず
せっかくお客様が来店しても他の競合サイトに流れてしまいます。
そのため、知らないうちに商品の販売機会を逃しているということになりかねません。

以前このようなことを店舗さんにお話ししても、
「いやいや、そういうお客さんはうちに在庫ありませんか?って問い合わせるよ!」とおっしゃる方がいました。
たしかに他には在庫が無いようなレアな商品であれば、他の競合に流れることなくお問合せされるかもしれませんが、
ほとんどの場合は、わざわざ問合せをすることなく離脱しています。

自社で対応しているお客様以上の母数を取り逃がしている!という可能性を頭に入れておいてください。

お客様の離脱イメージ

夜中や休暇中に在庫数更新が間に合わず売り越しする

では全店舗、最大在庫数の3個で販売した場合はどうでしょうか。
ケース1のように、お客様を逃すことはなくなりますが、今度は売れるたびに在庫数を更新する手間がかかってしまいます。

夜中に注文メールがとどくと飛び起きてスマホから在庫数を更新する…というように、人力で何とか対応している方もいますが、どうしても休暇中など目を離したタイミングで注文が入ると、在庫がないのに売れてしまう”売り越し”が発生してしまいます。

以前弊社にお問合せいただいたスマホケースを販売する店舗様は、ちょうど休暇中のゴールデンウイークの時期にメディアの露出が重なり、売り越しが大量に起こってしまいました。
当時出店していた楽天店舗にお客様のクレームが殺到し、結局その店舗は退店することに…

極端な例ではありますが、今はまだ大丈夫…と油断していると、急に注文が増えて対応できない!ということになりかねません。

在庫の売り越しが多発し、低評価レビューが原因で退店に追い込まれるイメージ

2. 在庫連動システム「zaiko Robot」で解決できること

在庫連動システム「zaiko Robot」があれば、多店舗の在庫数を24時間365日、 自動で同数に保つため、販売機会の損失(売り逃し)、売り越しを防止し、 在庫の心配をせずに素早く 売り上げ拡大する事が出来ます。

ザイコロボの在庫連動イメージ

全店舗に最大在庫数で販売できる

在庫数を自動で更新するため、そもそも店舗ごとに在庫数を分配する必要はありません。
よってどの店舗からきたユーザーに対しても、最大在庫数で販売でき、購入につなげることができます。

在庫数更新の手間なく売り越しリスク削減

商品が売れたら、自動で売れた店舗以外の在庫数を更新するため、手動で書き換える必要がありません。
更新のために常に管理画面に張り付いている必要もないですし、売り越しのリスクも減らすことができます。

手芸パーツを扱うある店長さんは、常に商品と梱包資材、PCを持ち歩き、どこで注文をうけてもすぐ在庫数を更新し、その場で商品を梱包し発送!という運用をされていました。
そのスピード感自体は本当に素晴らしいことなのですが、その方が少しでも休んでしまうと一気に運用が崩れるというかなりギリギリの体制でした。

zaiko Robotを導入し、在庫数が自動更新できるようになったことで、ギリギリの運用から抜け出し、商品の仕入れなどに集中できるようになりました。

ザイコロボによるシステム化で本来の業務に集中できるようになった店長イメージ

3. item Robotとzaiko Robotの連携で何ができるのか

現在ご利用中のitem Robotとzaiko Robotを連携すれば、商品登録から在庫連動までの流れをよりスムーズに行うことができます。

アイテムロボとザイコロボの連携イメージ

zaiko Robotと連携すると、item Robot上で商品登録後、zaiko Robotにワンクリックで商品が登録され、各ECサイトに在庫数が自動で更新されます。
商品登録後、すぐに在庫数が連動するという体制をつくることで、在庫管理の心配をせずにどんどん出品を増やすことができます!

4.まとめ

Robotシリーズの資料イメージ

なぜ在庫を自動更新するべきなのか、また、item Robotとzaiko Robot連携のイメージを少しはもっていただけたでしょうか。

今回ご紹介した在庫連動システム「zaiko Robot」について、具体的にどんなことができるのか知りたいという方は、下記より詳細資料をダウンロードください。

また、zaiko Robotは20日間の無料トライアルを設けております。
トライアル中は、専任のサポート担当が導入を最後までご支援しますので不明点があればどんどんご質問ください。

その他、何か気になることなどありましたら、一度弊社までご相談ください!
ご状況をヒアリングさせていただき、今解決すべき課題は何か一緒に考えさせていただきます。

お問い合わせはこちら

ハングリード株式会社

03-5937-2020

受付時間:10:00~18:00

sales@hunglead.com

上に戻る

お問い合わせ

インターネットでお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でお問い合わせ

03-5937-2020受付時間 平日 10:00~18:00

電話をかける