[HTTPS一括変換] 手動でインポート後、一括変換する

item Robotの設定を戻さずにRMSと同期後、一括変換する場合は、RMSからitem.csvとselect.csvをインポートします。
その後item Robotから商品情報を楽天へアップロードすることによって変換することができます。

操作方法

Step1:ウィザード画面を閉じる

Step2:楽天CSVファイルをインポートする

Step3:一括変換する

  • 右下の「閉じる」ボタンをクリックします。
  • 次へ進む
  • item Robotのトップページが表示されます。
  • (ウィザードを開く場合は、「変換する」ボタンをクリックして下さい。)
  • 次へ進む
  • 左ナビの商品管理 > CSVインポートをクリックします。
  • 楽天CSVインポート「選択」ボタンをクリックします。
  • 次へ進む
  • RMSからダウンロードしたitem.csv、select.csvファイルをインポートします。
    ⇒詳しくはこちら
  • 変換中は、RMSで商品情報を編集すると同期がとれなくなりますので、RMSでの商品編集は行わないようにお願いします。
  • 楽天のCSVをインポートすることによってitem Robotの商品情報が楽天と同期がとれたので、ウィザードから始めます。
  • 「変換する」ボタンをクリックするとウィザード画面が開きます。
  • ウィザードが再開された後は、「最新の商品をitem Robotに登録している場合」を参考に操作をします。
  • または「httpsに変換する」ボタンをクリックし、商品情報をアップロードすることも可能です。

最近見たページ

閲覧履歴がありません

徹底活用資料

コンテンツ
エラー一覧表
モール・カートのCSVとitem Robotの項目対応表
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報