Yahoo!にアップロードする前に事前検証を行う

概  要

Yahoo!店舗に商品をアップロードする前にitem Robot内で検証を行うことができます。
エラーがある場合はエラー箇所を表示し修正することができます。
(ここでは、Yahoo!を紹介していますが、Yahoo!以外の店舗も同様に検証することができます。)

操作方法

  • 事前検証を行う

  • エラーを修正する

    エラー商品のCSVをダウンロードして修正する

  •  
  • エラー商品を編集画面で修正する

  • 修正した商品を再検証する・アップロードする

  •  
  • 1左ナビの商品管理>商品一覧・編集をクリックします。
  • 2検索項目を入力し「検索する」をクリックします。
  • 3表示された商品一覧の左チェックボックスにチェックを入れます。
  • 4プルダウンからYahoo!店舗を選択します。
  • 5「事前検証」をクリックすると、確認画面に移動します。
  •  
  • 「アップロード検証」をクリックします。
  •  
  • 「アップロード検証の受付が完了しました」と表示され「アップロード・ダウンロード履歴へ」をクリックし履歴画面に移動します。
  •  
  • 履歴画面に移動します。
  • エラーがある場合は、背景がピンク色で表示されます。
  • 1「商品情報」をクリックし、検証した商品のエラーを確認します。
  • 検証の詳細が表示されます。
  •  
  •  
  • 「エラー商品のCSVをダウンロードして修正」をクリックします。
  • エラーがあった商品を「エラーがあった項目」+「エラー内容」のiRデータをダウンロードすることができます。
  •  
  • 画面に「ダウンロードの予約を行いました」と表示されます。
    準備ができると「更新」が「ダウンロード」に代わります。
  • 「ダウンロード」をクリックすると、ZIPファイルでダウンロードされますので、解凍しご利用ください。
  • CSVファイルの修正が終了したら、下記を参考にitem Robotにインポートます。
  • item Robot形式のCSVファイル(IRデータ)をインポートする
  •  
  •  
  • 商品ごとに「編集」をクリックし、編集画面に移動します。
  •  
  • 上部にエラー箇所が表示されます。
  • 1テキストリンクをクリックすると該当箇所に移動します。
  • 2この場合、Yahoo!の商品コードで利用できない「(_)アンダーバー」が利用されているため、エラーになっています。
  • エラーの解消には、
    ・メインデータの楽天商品番号を変更する
    ・ショップ別データのYahoo!に商品コードを入力する
    どちらかで修正します。
  •  
  • ショップ別データのYahoo!に移動します。
  • 3商品コードを変更します。
  • 4「解決済みにする」をクリックし、エラーの消込を行います。(ピンクの背景が解消されると消込完了です。)
  • エラーの消込をしないとエラー解消済みとして保存されませんのでご注意下さい。
  • 全てのエラーが解消されたら下部「確認画面へ」をクリックし更新します。
  • エラーが多い場合「解決済みにする」をクリックしなくても、確認画面最下部で「全てのエラーを解決にして保存する」にチェックを入れることでエラー解消済みとして保存されます。
  •  
  • 全てのエラーを解消したらアップロード履歴画面に移動します。
  • 1再検証する場合は「再アップロード検証」をクリックします。
  • 2「アップロード」をクリックするとYahoo!にアップロードを行います。

最近見たページ

閲覧履歴がありません

徹底活用資料

コンテンツ
エラー一覧表
モール・カートのCSVとitem Robotの項目対応表
ショップ別データ項目
item Robot(iRデータ)のデータ定義
サイト情報
新機能追加・機能変更情報
マニュアルサイトマップ
マニュアル更新情報